英国学術情報

英国学術情報RSS

2016年9月27日 QS 世界大学ランキング2016/2017 発表

 9月6日、Quacquarelli Symonds(QS)社は“QS World University Ranking”の2016/2017年度版を発表した。

 評価指標は昨年同様、世界的な高等教育機関の主要な活動を包含する6項目から成る。

①    (学術界の)研究者による評判 (40%)

②    雇用者による評判 (10%)

③    学生一人当たりの教員数 (20%)

④    教員一人当たりの被引用論文数 (20%)

⑤    外国人教員比率 (5%)

⑥    留学生比率 (5%)

 第13回目となる今回のランキングでは、上位20位に大きな変動はなかったが、米国が圧倒的に上位を占め、それに続く英国、オーストラリア、ヨーロッパ大陸諸国を大きく引き離した。また、アジアの大学の台頭も続いており、中国、香港、シンガポールは持続的な投資の結果が出ている。中国は100位内に4大学が入っているが、中国の上位13大学中9大学が順位を上げ、そのうち4大学は10位以上順位を上げている。日本の大学は近年のランキングでは下降傾向にあったが、今回は回復を見せている。

 2004年に初めて世界ランキングを発表して以来、英国は米国に続くランキングの上位を占めていた。ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、インペリアルカレッジ・ロンドン は10位以内にランクインしており、上位100位に18大学が入っているが、そのうち14大学は1~2位ランクを落としている。この原因は、研究助成金が確保できるのか、厳格な移民政策が若い優秀な人材の受入れにどう影響するか、といった不確実性が英国の評判を傷づけているためと推測される。上位400位に入っている英国の大学のほぼ4分の3が研究者及び雇用者による評判でポイントを下げており、半分以上の大学で外国人教員数が減少している。 

http://www.iu.qs.com/product/2016-qswur/

【表1

Top 20

2016

2015

University

Country

総合

1

1

Massachusetts Institute of Technology (MIT)

USA

100

2

3=

Stanford University

USA

98.7

3

2

Harvard University

USA

98.3

4

3=

University of Cambridge

UK

97.2

5

5

California Institute of Technology (CALTECH)

USA

96.9

6

6

University of Oxford

UK

96.8

7

7

UCL (University College London)

UK

95.6

8

9

ETH Zurich (Swiss Federal Institute of Technology)

Switzerland

94.2

9

8

Imperial College London

UK

94.1

10

10

University of Chicago

USA

93

11

11

Princeton University

USA

92.8

12

12

National University of Singapore (NUS)

Singapore

91.5

13

13

Nanyang Technological University (NTU)

Singapore

91.4

14

14

Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL)

Switzerland

91.1

15

15

Yale University

USA

90.9

16

17

Cornell University

USA

90.1

17

16

Johns Hopkins University

USA

89.3

18

18

University of Pennsylvania

USA

89

19

21

University of Edinburgh

UK

88.9

20

22

Columbia University

USA

88.6

前年より上

前年より下

前年と同

【表2

Top 200に入った日本の大学

2016

2015

University

総合点

34

39

The University of Tokyo

82.6

37=

38

Kyoto University

81.7

56

56

Tokyo Institute of Technology

74.9

63=

58

Osaka University

71.7

75=

74

Tohoku University

68.7

115=

120

Nagoya University

59.6

130

139=

Hokkaido University

57.8

135

142

Kyushu University

56.8

【表3

国・地域別(世界)上位400位入り大学数/上位20カ国とその変遷

順位

国・地域名

2016

2015

2014

2013

1

United States

78

79

79

84

2

United Kingdom

48

48

44

45

3

Germany

24

28

31

31

4

Australia

21

21

19

20

5

France

17

20

17

19

6

Canada

15

15

15

14

6

China

15

15

13

11

8

Japan

14

14

14

14

9

Netherlands

13

13

13

14

10

South Korea

11

9

10

9

11

Russia

8

5

5

5

11

Spain

8

8

9

10

11

Sweden

8

8

8

8

11

Switzerland

8

8

7

7

11

Taiwan

8

9

7

6

16

Belgium

7

7

7

7

17

Finland

7

7

8

6

17

India

7

7

5

5

17

New Zealand

7

7

5

5

20

Hong Kong

6

6

6

6

20

Italy

6

7

13

11

【メディア報道】

○ガーディアン紙:Brexit懸念の最中、英国大学世界ランキングで痛手    

ケンブリッジ大学が、12年前にこの調査が開始されて以来、初めて上位3位から転落したのをはじめ、英国の多くの大学が順位を下げた。   ランキングのための調査は、英国のEU離脱を決めた国民投票が行われる6月よりも前に実施された。QS社は国民投票が英国の大学に不確実性をもたらした感があるとしつつも、その下落傾向の原因について明確な説明はしていない。  一方で、政府がEUの研究プロジェクトについてその助成額を保証することを発表したことで、ある程度不確実性は和らいだものの、英国の高等教育機関の優れた評判を保つためにはより確実な支援が必要であると指摘している。

https://www.theguardian.com/education/2016/sep/05/uk-universities-fall-world-rankings-brexit-concerns 

Page top