英国学術情報

英国学術情報RSS

2015年6月15日 THE ‘Asia University Rankings 2015’ について

 6月10日、英国の高等教育専門誌Times Higher Education (THE) が、‘Asia University Rankings 2015’を発表した。

 世界大学ランキングなどで知られるTHEが、アジア圏に属する大学に限定して上位100位を毎年発表するもので今回が3回目となる。

 本ランキングは、世界大学ランキング同様、米国に本社を置く国際的な情報企業Thomson Reuters による情報提供を得て作成されたものであり、評価基準も世界大学ランキングと同一で、以下のとおり、5つのカテゴリーに分類される13の評価基準が設定されている(【】内は評価ウェイト)。

[ read more... ]

2015年3月17日 THE “World Reputation Rankings 2015” について

 3月11日、英国の高等教育専門誌Times Higher Education(THE)が、“World Reputation Rankings 2015”を発表した。同社は毎年、“THE World University Rankings”を発表しているが、今回のランキングは、その評価基準の一部である「『教育』と『研究』に関する教員相互の大学評価」にのみ焦点をあてた結果を示しており、今回で5回目の実施となる。

[ read more... ]

2015年2月23日 THE世界大学ランキング2014-2015年版について

10月1日、英国の高等教育専門誌Times Higher Education(THE)が、“World University Rankings 2014-2015”を発表した。同ランキングは、米国に本社を置く国際的な情報企業Thomson Reutersから情報提供を得て作成されたものである。

[ read more... ]

2014年9月17日 QS 'World University Rankings 2014/15'について

9月16日、Quacquarelli Symonds Ltd.(以下、「QS社」※1)が、“QS World University Rankings 2014/15”を発表した。同社は、2009年までTimes Higher Education(※2)と提携し「Times Higher Education-QS世界大学ランキング」を編集していたが、Times Higher Education社がその協力関係を解消し(※3)、2010年より、QS社は独自の世界大学ランキングを発表している。

 



※1 本社をロンドンに置く中規模のグローバル企業で、高等教育関連の情報をウェブサイトやイベント等を通じて発信しているhttp://www.topuniversities.com/

※2 本社をロンドンに置く高等教育専門週刊誌で、2004年以来、毎年世界大学ランキングを発表しているhttp://www.timeshighereducation.co.uk/

なお、「Times Higher Education World University Rankings 2014-2015」は2014年10月1日21:00(現地時間)に発表される予定。

※3 パートナーシップの解消は、QSと共同で行ってきた世界ランキングが、研究者や企業の主観的アンケート調査に重きを置き過ぎているというTimes Higher Education誌の主張が原因。

 




[ read more... ]

2014年6月19日 THE ‘Asia University Rankings 2014’ について

 6月18日、英国の高等教育専門誌Times Higher Education (THE) が、‘Asia University Rankings 2014’を発表した。世界大学ランキングなどで知られるTHEが、アジア圏に属する大学に限定して発表したもので今回の発表が2回目となる。

 本ランキングは、世界大学ランキング同様、米国に本社を置く国際的な情報企業Thomson Reuters による情報提供を得て作成されたものであり、評価基準も世界大学ランキングと同一で、以下のとおり、5つのカテゴリーに分類される13の評価基準が設定されている(【】内は評価ウェイト)。

[ read more... ]

2014年5月14日 QS ‘University Rankings: Asia 2014’ について

 5月13日、Quacquarelli Symonds Ltd.[1]以下、「QS社」とする)が、“QS University Rankings: Asia 2014”を発表した。同社は2009年よりアジア圏に属する大学に限定してトップ300大学ランキングを発表している。同社が発表している世界大学ランキングの評価基準を基にアジア圏により適した基準・割合を用いて評価をしているため、世界大学ランキングからアジア圏の大学を抽出したランキングとは異なったものとなっている。評価基準とその割合については以下の通り。

[1] 本社をロンドンに置く中規模のグローバル企業で、高等教育関連の情報をウェブサイトやイベント等を通じて発信している<http://www.topuniversities.com/>



[ read more... ]

Page top