JSPS London Materials

Home > JSPS London Materials > UK HE Information


UK HE Information

2024年2月英国高等教育及び学術情報

2024年4月30日

(1)「状況はひどいものになっている」偽の科学論文が研究の信頼性を危機的状況に追い込む

(2) 量子の潜在能力を引きだす:脳スキャナー、ナビゲーションシステム、量子コンピューティングの躍進を促進するための4500万ポンドの投資

(3) Sunday Times 紙の報道を受け、UUKは学生募集を見直す

(4) 新たな報告書により、英国全土における高等教育の学費と資金提供制度の違いが明らかになった

(5) Francis Crick Institute は、British Land、BlackRock、Reef Groupと共同で、世界有数のライフサイエンスとAI/バイオテクノロジーの集積地としてロンドンのナレッジ・クォーター(Knowledge Quarter)の成長を加速させる

(6) 研究官僚制の見直し

(7) 英国科学技術フレームワーク

(8) 新しい分析によると、7,600人以上の学生がデジタルスキルの格差に取り組むためにAIとデータサイエンスのコースに入学

(9) 2024年、18歳の高等教育志願者が増加

(10)英国の世界をリードするAI環境を操作するための新しいツールの利用が開始

(11) 「機会と成長」:英国大学協会からのマニフェスト

(12) 学生と弁護士は英国専門職ビザの発給基準給与額の明確化を待っている

(13) 留学生数が3分の1減少、英国の経済的打撃を警告

記事の詳細は「次を読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2024年1月英国高等教育及び学術情報

2024年4月11日

(1) 政府による厳しい学生ビザの措置が発効

(2) チューリング・スキームがヨーロッパを超えた世界的な研修を後押し

(3) 未来をつなぐ:UCASとUnibuddy社の新しいオンラインチャットは学生をマッチングさせ、大学生活の内側を見せる

(4) 英国の大学、「2024年に債務超過の危機」

(5) 歴史的なペレグリン・ミッション1号が打ち上げられ、英国製の科学部品が初めて月面に着陸へ

(6) 高等教育の短期コースの設計と実施の試行:我々は何を学んだのか?

(7) PricewaterhouseCooper の調査結果:英国の大学の財政的持続性

(8) イングランドの大学の優れた研究ユニットの拡大のために1億5600万ポンド

(9)イノベーション、雇用、世界的インパクトにつながる820億ポンド のホライズン・ヨーロッパのチャンスをつかむための集中的なマルチチャンネルキャンペーンを開始

(10)高等教育職員データ 2022/23

記事の詳細は「次を読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年12月英国高等教育及び学術情報

2024年3月20日

(1)英国は卒業ビザ(Graduate Route)の見直しを行うと内務大臣が発言

(2) 科学者、研究者、企業にとって画期的な瞬間  800億ポンドのホライズン研究プログラムへの英国の参加が正式に決定

(3) BULIA とUUKiはエージェント品質フレームワークの誓約

(4) NCUBの新たな分析から、大学と企業間の交流が活発に復活していることが明らかに

(5) 2023年12月における初期決定での次のステップ

(6) 障がいや精神的健康状態を共有する学生の大学進学先確保数が最多

(7) イングランドの2023年教育支出に関する年次報告書

(8)米国のDARPAに触発された英国のARIAは、天気をコントロールし、気候を地球工学する方法を探求

(9) ラッセル・グループ、欧州関係者とともにスイスのホライズン・ヨーロッパの参加支持を表明

(10) スコットランドの大臣、大学の無償化への支出を削減

記事の詳細は「続きを読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年11月英国高等教育及び学術情報

2024年3月11日

(1) 学生局(OfS)、大学院AI大学院コンバージョン・コースに810万ポンドの助成を発表、卒業生の多様性増加の有望な兆候を評価で発見

(2) 首相、新しいAI安全研究所の設立を発表

(3) 反組合法により、公正な賃金と労働条件を求める大学職員のストライキが阻止される

(4) REF2021のインパクト事例のデータ強化と分析

(5) 高技能職のロンドンへの集中は、他の地域の卒業生が教育を十分に活用できないことを意味する

(6) 首相が内閣人事改造を行う中、教育大臣が辞任

(7) 英国の大学は留学生を確保するために数百ポンドをエージェントに支払っている

(8) 大学のスピンアウトに関する独立レビューが発表される

(9) 最大規模の年次調査が大学院研究者の満足度に注目

(10)財務大臣の2023年秋期財政報告書(Autumn Statement)は、科学、イノベーション、技術を支持

(11) 高等教育機関における人材の定着に関して議論が必要

(12)大学院座学学生の満足度はこの8年間で最高を記録

(13)英国高等教育機関データ:財務-2022/23学事年度オープンデータ公開

記事の詳細は「続きを読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年10月英国高等教育及び学術情報

2023年12月22日

(1)3人の大学長たちが次期総選挙への期待を明らかに

(2)英国科学大臣がデアズベリーにある 研究所を訪問し、国内外の英国科学のリーダーシップを示す

(3)大学の学費に関する世論調査

(4)英国大学は反ユダヤ主義に対して迅速に行動するべき、と大臣らが発言

(5)学生局(Office for Students: OfS)の質評価訪問に関する第3回報告書を発表

(6)英国は世界の研究開発市場でより大きなシェアを獲得する必要がある、との新たな分析

(7)中東の紛争に関するUUKの声明と資料

(8)英国AI安全サミットを控えてファッション、畜産業、消防関係の中小企業を支援するAIプロジェクトに資金増強

(9)英国の核融合実験施設、40年の歴史に幕

(10)秋の予算編成方針に対する要望の提出

(11)2023年版 イングランドの社会流動性指数

(12)専門家による地域イノベーションハブが、英国全土の地域研究、ビジネス、経済に7500万ポンドで支援

(13)学生向けの宿泊施設市場が「危機的状況」に達し、家賃が平均的な生活費ローンのほぼ全額を占める

(14)恵まれない環境にある学生のうち、記録的な数が高みを目指し、最も厳しい学位が取得できる大学に応募

(15)教育関係のリーダーたちが医療の未来に警鐘を鳴らす

(16)健全で競争力のある新卒労働市場

記事の詳細は「続きを読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年9月英国高等教育及び学術情報

2023年12月12日

(1)志願者数の減少により、アイルランドの大学は北アイルランドからの学生誘致に期待

(2)大学生はパンデミック後のオンライン学習に満足している

(3)高等教育機関の英国経済に対する影響

(4)新型コロナウイルス治療薬の開発を促進した英国科学施設が5億ポンドの改修資金を獲得

(5) 革新的な助成金の初回トライアルでは、「有望な」結果は、助成金を受けた受賞者と機関の多様性がより高いことを示す

(6) 英国の海外からの人材誘致策は「機能していない」-報告書

(7) 英国は新たな特別契約によりホライズン・ヨーロッパに参加

(8) 我々の政策優先順位-英国大学協会

(9) 核廃棄物処理の新技術の開発のため日英のパートナーシップ

(10)ラッセル・グループの存在意義はまだあるのか?

(11)DSIT中央政府部門として初めて、公務員の科学技術スキルのアップのため、英国政府省庁のSTEM  Futures制度に参加

(12) 治療が最も困難なガン治療に取り組む高リスクで高報酬の研究に200万ポンドの資金提供

(13) ホライズン・ヨーロッパの合意にもかかわらず、英国との提携に未だに不確実性が残る

(14) 迫りくる高等教育の危機の中、学生局の業績が低迷

(15) ブリストル、AIイノベーションを加速させる英国最強のスーパーコンピューターを導入へ

(16) 多様な研究者のキャリアパスが英国のイノベーションと成長を促進すると、企業や大学のトップが語る

(17) 英国王立協会、過小評価されているグループの独立研究者を支援するCareer Development Fellowshipを試験導入

(18) クリアリングによる大学進学数が過去最高に

(19) 生涯学習資格:影響評価

(20) UKRI、新しい政策を通して研究生の支援の改善を行う

(21) 世界大学ランキング2024:発表

(22) 教育評価制度 (TEF)発表:46大学が「金」評価を獲得

(23) 大学中退者率が過去最高を更新

記事の詳細は「続きを読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年8月英国高等教育及び学術情報

2023年11月03日

(1) 高等教育担当大臣がイングランドの学費の値上げを可能にすることはないと明言

(2) 英国の生命科学産業におけるスキル向上、雇用支援、グリーン製造業の強化に3300万ポンドの共同出資

(3) スコットランドの若者の4分の3近くが第一志望の大学へ

(4) 英国企業が1,100万人の新卒者を必要とする中、創造力と批判的思考が求められている

(5) DSIT、新本部で英国の革新的なビジネスを紹介

(6)全国学生満足度調査に33万9000人以上の学生が回答

(7) 医療の近代化にむけた新たな資金援助を発表、また、 AIの首脳会議に向け、準備を主導する専門家たち

(8) 英国は留学生を受け入れるべきであり、そうでなければ他の競争国に奪われるとUCAS長官が警告

(9) 雇用者側が交渉を拒否する場合、大学でさらにストライキが決行される

(10) NCUBの報告書によると、ERDFが大学と企業の提携を促進した

(11) チューリング奨学金のため、直前まで待機せざる負えない英国の学生たち

(12) 英国の18歳志願者の79%が第一志望の大学に合格

(13) 文系科目と理系科目を組み合わせて選択することで、将来への備えをするよう学生たちに奨励するよう、教師や保護者が強く求められる

(14) 英国主催のAI安全首脳会議は11月初旬に象徴的なブレッチリ―・パークで開催

(15) 2023年6月までの1年間の英国の留学ビザ発行数が23%増加

(16) EUスキーム未参加の英国、がん研究者の「頭脳流出」に直面

(17) 大学長報酬のスケープゴート化について論じ、その公平な設定方法を探る新報告書

 

記事の詳細は「続きを読む」からお読みいただけます。


[ 続きを読む... ]



2023年7月英国高等教育及び学術情報

2023年9月07日

(1) 教育における人工知能の利用に関する新しい原則

(2) 英国とEUがホライズン・ヨーロッパの参加協定案に合意?

(3) 2020年以降の進行状況:高等教育における人種的な嫌がらせに対する取り組み

(4) LEO: 卒業生と大学院生の成果

(5) AI 評議会:その最新情報

(6) 英国首相と欧州員会委員長はホライズン・ヨーロッパに関して合意できず

(7) 英国の18歳におけるコンピューターコースへの願書提出が最多記録

(8) UKRI年次報告書発表

(9) 投資家は英国のライフサイエンスを見捨てる、政府報告書で明らかに

(10) 研究評価制度:提出内容の包括的分析および、アウトプットの特性と採点の表現

(11) 英-独研究パートナーシップの高まり

(12) 学位取得に法外な値段をつけている大学の取り締まり

(13) リサーチ・イングランドは大学研究と知識交換の予算を発表

(14) 大学の成績インフレは減少し始めているが、上位成績の半数は未だに説明できず

(15) 英国の教育と研究の関係、それがなぜ重要なのかに関する新報告書発表

(16) 科学技術研究の推進のため英国が現状を打破するためのファンドを設立

(17) 英国の卒業生:73%は大学行ったことで念願の仕事に就けた

(18) 今年は英国の名門大学での競争の激化が予想される


[ 続きを読む... ]



2023年6月英国高等教育及び学術情報

2023年8月15日

(1) 大学における言論の自由に関する法律が成立

(2) 研究者のキャリアを切り開くための対策委員会メンバーが集結

(3) 世界初の人工知能に関する首脳会議が英国で開催される

(4) 研究開発支援用ホライズン・ヨーロッパ保証制度が再度延期

(5) 英国科学担当大臣、カナダとの共同研究のため、2,400万ポンドの新科学イノベーション合意を発表

(6) 革新的な医療技術が治療に変革を与えるか

(7) 英語関連の学位コースは過去10年間にわたりスコットランドで人気である一方、全体的には衰退気味

(8) 留学生の多様な誘致とその強化

(9) 5,400万ポンドの投資で主要な課題解決に役立つAIの開発

(10) REF 2028の初期決定

(11) イングランドの学生ローン債務が2,000億ポンド突破

(12) 生涯ローン資格は良い機会、チャンスを掴もう

(13) HEPI/HE Advanceの 2023年学生学術経験調査結果:生活費の危機で学生の学術経験の改善に影

(14) 高等教育の需要の高まりは最も恵まれない環境の学生に対する高等教育進学の公平さが高まる可能性

(15) 英国がん研究機構の閉鎖が決定、英国の衰退する臨床試験部門に新たな課題に直面

(16) Open University 新キャンパスで対面授業ができるか


[ 続きを読む... ]



2023年5月英国高等教育及び学術情報

2023年8月10日

(1) 英国での雇用は非EU学生よりもEU学生が多い

(2) UKRIは奨学金と大学院研究に関する協議を発表

(3) 労働党は学費無料の公約から移行を決定

(4) 大学院生の育児制度の利用援助を政府に要請

(5) 英国大学がSpringer Natureとのオープンアクセス出版契約で合意

(6) スコットランド政府による2,000万ポンドの投資撤回により更なる危機に直面する大学

(7) 欧州研究会議の概念実証基金の最新の応募で英国がトップとなる

(8) 英国の健康研究の未来に危機:緊急の対応が必要

(9) 高等教育(言論の自由)法案が国会を通過

(10) 英国とEUは未だにホライズン・ヨーロッパ参加について交渉中

(11) 英国政府、移民数増加で留学生の扶養家族ビザの制限

(12) 英国のトップ研究所がより新しい備品や設備の質向上のため1億300万ポンドの政府基金を受け取る

(13) 発覚:裕福層の学生は貧困層の学生より学位取得の費用が少ない

(14) 英国と日本が科学技術で関係の強化

(15) 大学の財政状況は良好、ただし留学生への過度な依存などの危険

(16) 英国の半導体部門のために新しい10億ポンド戦略

(17) 英国の産業界と学術界が先端技術研究で提携

(18) イングランドの大学生の6人に1人は海外に居住している

(19) 大学卒業後の進路調査のデータ統計発表:2020/21学事年度


[ 続きを読む... ]